みなみ北海道


現在のページ:

みなみ北海道HOME > みなみ北海道 花咲浪漫の旅 > 七飯町


七飯町 3つの湖と駒ケ岳を抱くリゾート「大沼国定公園」。秋になると周辺の木々が紅や橙、黄色に色づき始め、湖畔一帯が鮮やかに染まります。

大沼湖畔周辺

雪解けを待ちかねた大沼周辺の沼地や湿地に、一斉に花を咲かせるミズバショウ。特に「東大沼キャンプ場」から多目的グラウンド「トルナーレ」へ向かう途中の群生地は見応えがあります。

▶クリックして拡大できます。

※表示されている位置はおよその位置になります。実際とは多少離れている場合もございますのでご了承ください。

町内果樹園(本町・鳴川・大中山地区)

七飯町は日本で初めて西洋りんごの栽培を行った町。春になると果樹園には白や淡紅色のりんごの花が咲き、風が甘い香りを運んでくれます。

▶クリックして拡大できます。

※表示されている位置はおよその位置になります。実際とは多少離れている場合もございますのでご了承ください。

大沼湖・小沼湖

場所によって湖面を覆うように群生するスイレンは、夏の大沼の風物詩のひとつ。白、赤、ピンクの大きなスイレンが咲き誇り、その風景はモネの絵を彷彿させる素晴らしさ。一見の価値ありです。

▶クリックして拡大できます。

※表示されている位置はおよその位置になります。実際とは多少離れている場合もございますのでご了承ください。

大沼国定公園

「大沼」、「小沼」、「じゅんさい沼」の湖畔一帯が美しく色づく紅葉の季節。鮮烈な紅に彩られた湖と明瞭な稜線を誇る駒ヶ岳が、その美しさを一層引き立てます。

▶クリックして拡大できます。

※表示されている位置はおよその位置になります。実際とは多少離れている場合もございますのでご了承ください。

関連情報

各市のカテゴリーはこちらからご覧ください。